支援者の声(静岡県で開催予定Wさん)


【主催動機】

地元の子供たちに見せたい!
席が30枠しかない…急げ

ポチ!

っと半ば衝動的に買いました。


今振り返れば、頭の中をフル回転していろいろなことを考えたと思います。
前々から私は掛川市の街に刺激を与えたいと思っていました。
私はプペルを見たことはありますが読んだことはなく内容も知りません。
このリターンを購入した理由は地元の子供たちに刺激を与えられるなら正直なんでもよかったんです。子供たちが喜びそうなもの、興味が湧きそうなものならなんでも良かったんです。
今回のクラウドファンディングのリターンはまさに私の求めていたものにマッチングしました。光る絵をバスで届けてくれて、さらには2週間貸切。
おまけに話題性がある。
私の街の子たちは美術館に行くことがほとんどありません。私が姉を美術館に連れて行ったときは、悪びれもなく写真をパシャパシャと撮って注意を受けていました。実は姉のような人は珍しくありません。私の街の人は美術館に行くことがないのです。美術に触れる=意識高い系のようなことを言われたことも多々あります。
そんな田舎の環境や考え方を変えたいと思って購入しました。
美術館のように静かに絵を見るのではなく親子で感想を言い合いながら絵を見る。作品を見てもしかしたら、こんな絵を描きたい。光る作品を作りたい。こんなバスを運転したい。こんな風に人を呼びたい…なんでもいいんです。何かを感じて何か刺激を与えることができればと思いました。このイベントが開催できれば小さな入り口ではありますが子供たち、さらには地元の人たちが美術に関心を持ったりもっと楽しいものを求めたりモノの考え方にも変化が出てくるのではないかと思います。

そんなことができるのが30枠しかない!

そう考えたら…ポチっと押してました(;’∀’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。